Exhibition “Light Bulbs”

 

Exhibition “Light Bulbs”

2020.2.15 Sat – 3.16 Mon

中欧の古いランプに似合う電球が欲しくて、国内の工場に依頼して白熱電球をつくり始めました。当時は、戦後の電球産業を背負ってきた伝説的な職人の仕事が未だ生きていました。彼らのものづくりへのひたむきな姿勢やその人柄、研鑽を積んだ類まれな技術は、彼らが手がけた電球とともに、追随者たちの中で語り継がれています。本展では、廃盤となって久しいA・S series をはじめ、現行のF・K series 、さらにチェコやドイツで見つけたデッドストック、ソ連時代の古い電球、アンティークランプを展示いたします。灯りに宿るクラフトマンシップを是非ともご感取ください。

 

Online Store はこちら https://sklo.thebase.in

 

 

白熱電球について

電球は、消費社会の象徴ともいうべき消耗品です。しかし「電球」の固定化された価値、用途、目的を解体することで、様々な疑問や、特別な意味に気がつきます。SKLOでは、白熱電球の照明としての用途を取り払い、潜在する美しさを求めました。さらに、数少ない生産工場を訪ね、職人たちとの対話を通してものづくりの崇高さを知りました。すべてのものは消耗品です。古いものを捨て去ることは簡単ですが、生産性とエコロジーのジレンマを打破できない私たちは、今あるものや、過去のものに、新たな価値を見出すことも必要なのではないでしょうか。それは、とても創造的な生産行為であり、エコロジーなことだと思うのです。

 

Incandescent light bulbs

Light bulbs are consumable items that should be considered a symbol of the consuming society. However, by dismantling the fixed value, use, and purpose of the “bulb”, we come to realize various questions and special meanings. At SKLO, we removed the use of incandescent bulbs as lighting and sought the beauty of potential. In addition, I visited a few production factories and learned the sublimeness of manufacturing through dialogue with craftsmen. Everything is a consumable item. It’s easy to get rid of old things, but we can’t break the productivity and ecology dilemma, so we need to find new value in what is now and what is in the past. I think it’s a very creative production act and an ecological thing.