“アーティストトーク” 後編

 

Online Exhibition

山森菜々恵 山といえば川

2020.5.16 Sat – 31 Sun

at  sklo.jp

 


 

漆という素材について

 

犀川:漆というのは、多くの人にとってそれほど身近なものではないと思います。実際に漆を見たときより以前の山森さんのように、聞いたことぐらいはあるとか、黒くてつやつやしたやつでしょ、という認識の人は多いはずです。だから、山森さんの言う漆の自由さについて、もう少し詳しく聞かせてもらえませんか?

山森:当時私が感じた、何でもできそう、自由だ、というのは、幼い頃に色んな種類の画材が一つの箱に収まったお絵描きセットや百色以上の色鉛筆を手に入れたときに、感じた自由さに近いものでした。これさえあればなんでも描けるぞという、選択肢が一気に拡がって選び放題の自由さです。しかも漆の場合は、それが、表面処理の見かけ上の話にとどまらず、大きな立体作品からお椀まで、何でも作れるという意味でもありました。オブジェ的なものを作って、同じ素材で食器を作って、しかもそれが実際に使えるというということに対しては、年々ワクワク度が上がっていて、この可能性の拡がりを自由だと捉えています。今は大学を卒業して、生活スペースの真上で制作をしているのですが、制作の合間に、生活スペースの側の仕事として発生した箸の塗り直しや、割れた陶器の修復などをすることもできるんです。同じ素材で。そこの境界が、だらーっといつの間にか混ざってしまっているようにしたいです。砂場遊びをしているときのように、箸も皿も食材もお城も川も、全部同じ素材で作っているうちに混ざってしまった、という感じが理想です。だから私は、オブジェと実用品の両方を作るということではなくて、どちらでもありそうな、だらーっと混ざった地点にあるものを作ろうとしています。それを非実用品の側からやっています。

犀川:ここまでのお話の中に、役割、機能、代替という言葉が何度か出てきたかと思いますが、それは漆自体が、表現・実用問わず色々なものになり得るということと関係しているのですね。何でできているのかが分からなかったり、機能が断定できないように作品を見せているのは、その可能性の拡がりをある程度保ったままにしたい、ということでしょうか。

山森:そうだと思います。

 

 

オンラインでの展示について

 

犀川:この度の展示はオンラインでの公開が中心であるということでしたが、そうなったことに悔しさを感じていたり、状況が落ち着いたらもう一度、もともと考えていたプランで展示し直したいという気持ちはありますか?

山森:その点に関しては、立場が違うと、例えば私とSKLoさんとではどうしても考え方が異なる部分もあるのではないかと思います。SKLoさんに限らずお店を持っている人は、今本当に大変だと思うので。でも、私自身は、このタイミングで展示をさせていただけて本当に良かったと思っています。

私が自分の作品を人に見せるときには、例えば本物の枝に見えるとか、別の素材でできているように見えるとか、モチーフとなったものの本来の機能とは別の機能を持っているように思わせるとか、そういったことが起きるようにしているのですが、これは人を騙したいとか驚かせたいからではありません。先ほど≪玄関にあった青い球≫についてもお話ししたように、私は、ものについての自分の思い込みや勘違いに気付くという経験が大事だと思っています。私自身、何かをよく見ずに済ませてしまって、後から文章を読んだり人から言われて気が付くことがありますが、そういう経験を繰り返すことで、もっと疑い深くものを見たり、あり得なさそうな可能性についてあり得るかもしれないと感じることができるようになるのではないかと思います。実際にものを見るということは、すごい情報量があって、とても勉強になることだとも思います。しかし、今回は状況が特殊で、会場に足を運ばない、つまり実際にものを見ないという選択をする人達のことも、鑑賞者として想定するべきだと思いました。むしろそちらがメインになるだろうとも。なので、何気なく見ると勘違いしてしまうけれど、よく見ると違和感に気がつくことができるように、オンライン展示を作ろうと思いました。例えば、犀川さんという人はいなくて、この対談は私が一人で書いているものですが、一通り目を通せばそのことが分かるようにしています。

今回の経験からは学ぶことも多かったので、できなかったことのリベンジではなく、また別のことを考えたいです。

犀川:なるほど、オンライン展示はある意味でいい機会にもなったということですね。ごくごく普通に人を招いて展覧会ができる状況になるまで、もうしばらくかかるのかもしれませんが、山森さんの今後の活動を楽しみにしています。今日は色々お話を聞けて良かったです。ありがとうございました。

山森:こちらこそ、ありがとうございました。

 

聞き手 犀川

金沢市を流れる二級河川。山森の制作場所からは、3分ほど歩くと辿り着くことができる。

 

 

山森菜々恵 ”アーティストトーク”

前編 制作スタイルと個々の作品について

後編 漆という素材について/オンライン展示について