Looping Pool

 

 

 

 

Exhibition

Paul Hommage and Yumi Takeuchi

“LOOPING POOL”

2020.6.19 Fri – 7.5 Sun

at  SKLo

 

 

 

この度 SKLoでは、ポール・オマージュと竹内佑未による展覧会《LOOPING POOL》を開催致します。

ポール・オマージュと竹内佑未はユニットとして活動を共にし、ドローイングや版画、映像、アニメーションといった表現媒体を用い、国内やフランスで作品を制作、発表してきました。数種類の媒体を横断して二人が表現するイメージの起点には、彼らが日常的に書き溜めているショートストーリーがあります。

本展は、ドローイング連作「A girl is playing in a forest lake」(2020)をはじめとする新作を中心に、246枚の版画からなるアニメーション「Newton case」(2015) などの旧作を含めて展示いたします。また会期半ばには、二人へのロングインタビューを、テキストとして公開する予定です。

異なる背景を持つ二人のアーティストの、言葉と、視覚表現のかけあいから生まれるイメージ。それらは完成された作品であると同時に、想像を喚起する無数の伏線を私たちに託してくれます。

物語を思い描くたのしみを、本展を通して感じていただけたなら幸いです。

 

SKLo

 

 

 

 

”分からないギャツビー” animation loop 2020

 

 

”分からないギャツビー” animation loop 2020

 

 

 

“分からないギャツビー” animation original drawing 2020

 

 

 

 

“White Dream” video installation 2015

 

“White Dream” video installation 2015

 

 

 

 

 

 

 

 

“A girl is playing in a forest lake” carbon, paper 2020

 

”Ricochets on the water” carbon, paper 2020

 

 

“The lake is full of light but the forest looks darker” carbon, paper 2020

 

 

“Branches and leaves of trees move in the wind” carbon, paper 2020

 

 

 

 

 

 

 

“Her feet in the water” carbon, paper 2020

 

“Suddenly, she walks on something” carbon, paper 2020

 

“The girl feels a tiny pain and looking at her foot…”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Metamorphic Stone” (Correspondence series)

 

 

“Sleeping Caryatids” (Correspondence series)

 

“RAP RAP RAP” (Correspondence series)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部の作品は、当店オンラインストアにて販売予定。

https://sklo.thebase.in