Light Bulbs

 

Exhibition

Light Bulbs

2021.1.9 Sat – 31 Sun

12:00 – 19:00  Close Wednesday

at  SKLo Gallery  (奥)

 

白熱電球の展示です。

タイトルが複数形になっているのは、

当方のオリジナル電球を紹介することのみならず、

海を渡ってきた欧州の古い電球、

そのほんの一部を、ご覧いただきたいからです。

すばらしい職人がいたことを、それらの電球は教えてくれます。

日本の電球生産は戦前から本格的にはじまり、

昭和の成長期を支えました。

時代を担った工場にもまた、すばらしい職人たちがいたのです。

それから、時代の潮流は大きく変わりましたが、

人工的な照明への反動のように、

白熱電球を求める人は少なくありません。

もはや、照らすことを目的とするLED電球と、

火のように灯る、そのあかり自体を感じる白熱電球とは、

異なる存在なのだと思います。

SKLOオリジナル電球Fシリーズでは、

手作業によりフィラメントの成形が行われています。

直線のうつくしさ、線の開く角度、フィラメントの位置など

細々とした注文にも、真摯に受け止めてくださる工場には、

いつも、ほんとうに頭が下がります。

今なお、すばらしい職人は生きているのです。