Bridge Art and Craft

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の12月に SKLO3F にて行われた展覧会で製作された鍬は、実際に使用する目的でもあります。作品として、ギャラリーでの展示の目的のため我が家の納屋から持ち出されました。作品と道具を行き来する。目的や用途、様々な思惑をも縦横無尽に飛び越えてただただ静かに佇む。ご高覧ください。

 

 

工芸ブリッジ

GYRE 3F

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存