ダンスの余韻

 

SKLO3Fでは、定期的に展覧会を行っております。今回は、11月23日(木)より30日(木)まで「ダンスの余韻」と題した小さな企画を行ないます。19世紀フランスを代表する挿画家グランヴィルの版画。そして1920年代、良き時代のパリにおける最先端の芸術、モードが落とし込まれたリトグラフや雑誌。静かに佇む「物」が、豊かな想像の舞台へと誘います。

 

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存